久し振りに愛馬が重賞競走に出走

K-BAR所属愛馬.jpgキャロットの二次募集が終了して全頭完売になったそうですね。

昨年、一昨年と1-5次で完売。今年から新規は二次募集からしか申し込めないとなって、新規会員への門は益々狭くなったと思ったのですが、意外にも1-5次で三頭の募集馬が売れ残り。しかも、かなりの口数が残ったので、新規入会を志す方にとっては、願ってもないチャンス。

「売れ残った馬」と、言う不本意な出資での入会ですが、昔、キャロットは「売れ残った馬が走る」と、言う伝説?がありました。今は完売なので、売れ残る馬がいませんが・・・

これで、来年の募集からは既存会員として一次募集から出資申し込みが出来ますね。但し、人気の馬に出資なら最優先枠を使っても三年かかるかも? 母馬優先制度のあるクラブなので、基本母馬優先の馬は200口募集だし・・・

写真は、ホームページ「一口馬主に挑戦」欄に掲載しているK-BAR所属の一口愛馬。

今年度の一次募集では、母馬優先制度で抽選なしで獲得できたブルーメンブラット21と、ディーパワンサ21。そして、母馬優先枠内で抽選を突破して獲得のトータルヒート21。最優先枠内で抽選を突破して獲得のヒストリックスター21。そして、一般申し込みでは四頭申し込んで、唯一抽選に当たって獲得したビートリックスキッド21。

縁があって愛馬となった五頭の一歳馬を加えて現役馬が16頭となりました。

今週は、ヴェラアズール号が月曜日の京都大賞典、エルカスティージョ号が土曜日の戎橋ステークスに出走予定。

コロナ禍で、五歳を迎えながらまだ一度も愛馬に会った事がない私。月曜日はお休みなので阪神競馬場でヴェラアズール号を現地応援。芝に投入してから全て上がり最速でオープンまで勝ち上がって来た愛馬。アフター競馬の飲み会が祝勝会になるといいな。

秋のジョッキーセレクション.jpg写真は、週刊競馬ブック主催の「ジョッキーセレクション」(今回もチャレンジしました)

夏は難しいと思っていた通り惨敗。

夏に比べるとG-Ⅰレースに騎乗するジョッキーは限られているので絞りやすいのだが、どうしても人気のジョッキーになるので前回の優勝みたいに景品が抽選となってしまう。

今回も、穴騎手を一人は入れたいと思っていましたが、結局どこかで一勝しても連続してG-Ⅰレースに騎乗するジョッキーでないと騎乗ポイント(1P)の差でベスト七人から漏れてしまうと言う事でご覧の七名になりました。

人気どころでは、武豊、松山、戸崎、岩田望、などを抜いたのですが、いきなり松山ジョッキーがスプリンターズステークスで人気薄を二着に持って来て「ちょっと失敗したかな?」と、後悔しています(汗)。

経過報告は、月曜日の「ホームページ更新情報」でお知らせします。尚、今回もレースアナもどきさんとビール一杯を握っています(秘密)。

フグタ2.jpg写真は、前回のポイントダービーで四回目の優勝を決めたフグタさんのご褒美(ボトル勝負服)。

オリジナルデザインで「タイガースのユニホームデザインでお願いします。胸にTigersのロゴはいらないですけど、背中に31って入れてもらえますか」と、言う事で背番号の31が刺繍されています。

31と言う事は、掛布先週のファン? いやいや現役のマルテ選手が好きなのかも? いや、もしかして萩原選手?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック