喧嘩両成敗!そして下克上

エートラックス.jpg毎週金曜日は先週の鉄板回顧。

たまには、鉄板でネタが拾えないと言う週があっても不思議ではないのですが先週もドラマがあった鉄板劇場。

鉄板には、いろんな諺があって「対決レースは、ドボンの宝庫」と、言うのも有名な諺。

鉄板と思って投票しているのに、喧嘩を売られる(対抗馬に投票される)のは鉄板でない証拠?

何年か前のキーンランドカップでは、五頭対決で上位独占。当然主役(四着)が誕生しました。

さて、土曜日の対決レースは、喧嘩両成敗。

朝一番の阪神1レースで、木曜日一番最初に投票した啓太郎さんの投票馬オーシンスキャット号に、一番最後(締め切り直前)喧嘩を売ったのが博士さん(エートラックス号)。

結果は、博士さんが二番人気四着でドボン! そして、啓太郎さんは一番人気六着(最下位から七頭目)。

写真逃げて粘ろうとしているのが博士さんの⑧エートラックス(緑帽)、二番手からズルズル下がって行ったのが啓太郎さんの②オーシンスキャット号(黒帽)。どちらもフルドボンの憂き目に・・・喧嘩はいけません。

コナウェリナ.jpgしかし、この日の主役(筆頭)は、タンさんが投票した写真のコナウェリナ号(中山5レース)。単勝1.5倍の四着では誰も助けられません。

実況掲示板には「無理に3頭目を探したのが失敗。2度と印グリグリ付いてても新馬戦には鉄板投票しません…苦笑」と、レース後のコメントが届いてました。

結局、この日は筆頭がタンさん、番手が博士さん、三番手は、中山7レースで七番人気の馬(ワイルドハンター号)に投票してシンガリ負けを決した鉄板で褒められ隊さん。なかなか人気薄で勝つのは至難の業。いつも惨敗ドボンの危機と背中合わせ。そして、四番手が啓太郎さん。先週は、土日ともにフルドボンでした。

ベアゴーゴー.jpg翌日曜日は、ドボンの宝庫と言われる対決レースが六レースもあり、その内五つが三人被せの鉄板に喧嘩を売った下克上?

結果はと言うと二勝二敗一引き分け。

中山1レースでは、三人被せのベルフィーヌ号(一着)にジュンイチさん(イッツナッシング号)が喧嘩を売って三着。中山3レースでは、三人被せの一番人気スパークリシャール号(二着)にエイジさん(テリオスサラ号)が喧嘩を売って二番人気一着。阪神6レースでは、三人被せの一番人気シモズル号(一着)に鉄板で褒められ隊さん(ローズバルサム号)が喧嘩を売って二着。中山7レースでは、三人被せの一番人気トラマンダーレ号(二着)にりっちゃん(コントラポスト号)が喧嘩を売って三番人気一着(実況のレースアナもどきさんからお褒めの言葉が飛び出しました)。

そして引き分けと言うのが、どちらも勝たなかった中山2レース(写真)。

内の青い帽子がレースアナもどきさん投票の一番人気モンレーヴ号。そして、外の黄色い帽子が三人被せの二番人気 ベアゴーゴー号の見事なドボン争いは、レースアナもどきさんに軍配。

この日唯一の四着を記録したベアゴーゴー号に投票したのは、土日完全制覇の啓太郎さん。「豊から新人に乗り替わっているのが罠っぽい」と、噂になっていた危険馬に手を出したさざろーさん。セルビアの別班から指示のもと投票した千夏ちゃんの三名。

やはり対決レースは「超危険、超危険!」

皆さん、喧嘩を売られないよう平和に行きましょう。と、言う私もトラマンダーレ号で喧嘩を売られて危うく四着になるところでした(汗)。

最後にネボちゃんが最下位から六頭目(阪神10Rブーケファロス号)で二杯頂いてました。

今週も二場開催で対決レースは避けられないでしょう。せめて両成敗は勘弁。

この記事へのコメント