配給を減らしてくれたのはマイPO馬

マスクトディーヴァ.jpg毎週金曜日は先週の鉄板回顧。

鉄板もG-Ⅰイベントに昇格して十一年目。

サバイバルレースと言われる鉄板で生き残った猛者達は皆さん予想上手。

今年度の鉄板も年頭から三着外せないハイレベルな戦いが繰り広げられています。

先々週の日曜日にドボン対象になった三名も、最下位から十一頭目(六着)でのフルドボン。

スタートでの不利(写真)がなければドボン対象にならなかったかも? いや不利がなければ四着になったかも?(笑)

それにしても、一頭だけゲートが開いてないのにカンパイにならなかったのが不思議(東京新聞杯)。

ダイシンサンディー.jpgさて、先々週は土日ともに四着不在の着順判定だったのに対し、先週は幕開けからモーニングドボン!

写真のダイシンサンデー号(京都1R)で二番人気四着を記録。早朝からドボン候補に名乗りを挙げたのは豚足さん。今年は年頭からノードボンで首位から3P差。本気で優勝を捕りに行く構えだけに救世主の登場を熱望してたのですが・・・

キミノナハマリア.jpg先週は周年祭後で、金曜もおっさんBARだった事から参加者も少なく。配給が伸び悩む中、救世主として登場したのが、やはりこの人。

写真のキミノナハマリア号(京都11R)に投票して一番人気四着を記録したのがミスターピンクことオーライさん。

いつもながら見事なびゅうてぃふるふぉ~でした。

一時は、無罪ふぉ~免となっていた豚足さんですが、残り三頭(五投票)で唯一の三人被せ馬ドゥラレジリエント号(小倉11R)が一着で三杯配給。

奇しくも、当店のお客様S様の所有馬でした(汗)。

翌、日曜日はドボン(四着)不在の着順判定。

1番人気で6着を記録した三頭がドボン候補。但し、同じ六着でも出走頭数の関係で最下位からの着順は違う訳で・・・

土曜日の主役豚足さんの六着(東京3R キトゥンヒール号)は最下位から十一頭目。同じく土曜日の主役オーライさんの六着(小倉3R ルソレイユ号)は最下位から九頭目。そして、土曜日の主役二人を救済したのが、有馬さん、ジュンイチさん、私・柴ボンの投票したサンライズプルート号(京都8R)で一番人気六着は最下位から六頭目。着順判定の日に少頭数のレースを選択すると三着を外すと即ドボンのご褒美が待ってます。

続く東京8Rに出走するマルディランダ号は三人が投票していて八頭立て。三着を外せば四着はドボン。五着でも最下位から四頭目と言うからくりから凡走を望みながら観戦も二着。

杯数こそ増えなかったもののフルドボン三名の救済には、残り四頭中三頭の凡走(四着もしくは最下位から五頭目以下)が必要と。もはや絶体絶命のピンチでしたが・・・

トントンさんの投票馬(京都11R ルージュエバイユ号)が 2人気8着で最下位から五頭目を記録。トントンさん初ドボンおめでとう♪ 鉄板はドボンして一人前と認められます。

さらに、チャーリーさんの投票馬(東京11R ミスタージーティー号)が 2人気7着で最下位から四頭目を記録。

何とか三人で五杯と配給は減ったのですが、助けてくれたのがマイPO馬のミスタージーティー号。私にとっては複雑な結末でした。

この記事へのコメント